FC2ブログ
先月、2月から霧氷見たさに、毎週お山に登ってます。
だったら、今週も行かなくちゃ!
と思うのですが、一緒に行って遊んでくれる人がいません。友だちいない。
一人は寂しいですが、勝手気ままな空想妄想にふけって歩くのもいいのよね。
そろそろ花も咲いてるかも・・・・
と、ちょっと期待して、入道ケ岳に登ってみました。

10:20
椿大神社に駐車します。
登山者さんは、いちばん遠くの駐車場。第3駐車場に車を停めます。
ここから歩きます。
20170304nyuudou (2)

10:38
神社に来られた、たくさんの軽装の人たちの中を、
大げさなザック背負って、気恥ずかしい思いをしながら、歩いて、
「北尾根コース」の登り口の鳥居まで来ました。
あれ?
ここにも7台くらい車が止まっています。
「なんだ、ここにも車を止められたんだ。。。ずるい人たちやなあ、」
「次回、来たときには、私も ここへ止めようっと。」
そして、鳥居をくぐり、石段を登ります。北尾根コースです。
20170304nyuudou (3)

11:03
急な石段を登ったら、息を整えゆっくり歩き、
鉄塔の下まで来ます。
見上げて「高いなあ~鉄塔」と感心します。
が、いやいや、鉄塔より高いところに行くんです、この鉄塔下を通過して登っていこう。
20170304nyuudou (4)

11:28
ときどき、木の根っこや岩につかまりながらよじ登り、急な坂を上ります。
小屋に到着。
ここは眺めがいいので、ちょっと休憩です。
私の腹時計はまだ正確なようだ。というか腹時計だけが正確なのか、、
お腹が空いてきたなあと思ったら、もうすぐ正午です。
おにぎりを一個食べた。
そして、また登る!
20170304nyuudou (5)

だんだん雪融けドロドロの道になり、スパッツを着けました。
そして、アセビのトンネルになり、雪もたくさん残っています。
楽しくなってきました。
20170304nyuudou (6)
アセビのトンネルを頑張って登る。
雪歩きが楽しくてどんどん頑張れました。

そして右手に見えてきたのが、「おっーー!すごい!!」
白い雪が残り輝く、鎌ケ岳と御在所岳。
12:10
20170304nyuudou (7)

そして山頂も近づいてきました。鳥居がよく見える。
12:23
20170304nyuudou (8)

上ばかりじゃなく、下界の様子も美しく。
12:29
20170304nyuudou (9)

12:30
でもでも、この雪とお山の光景も たまりません!!
20170304nyuudou (10)

振り向けば雲母峰が、私を応援してくれるみたいに見える!
ここまで来ると背筋が伸びる、来てよかったーー!!
20170304nyuudou (11)

12:31
広い笹原に出て、北の頭。
鎌ケ岳と御在所岳が素晴らしく見える。
その右には釈迦ケ岳。そして反対側の左には綿向山もくっきり見えるし。
もう、あまりに天気もよくてキラキラ輝いていて、惚れ惚れします。
ちょっとアルプスみたいですよ~
写真撮ってばかり。
20170304nyuudou (12)

20170304nyuudou (13)

12:35
鎌さんと御在所さんに、はしゃいだ後は、
いよいよ、あの山頂に向かおう!
20170304nyuudou (14)

山頂でランチ12:47~13:40
山頂に着きました。
賑わっています。
20170304nyuudou (16)

ここからも見える鎌ケ岳も素敵!
20170304nyuudou (15)

そして、広がる伊勢湾方面。
ずーーっと、ここで眺めていたい。
お味噌汁とおにぎりを食べて、コーヒーとお菓子を食べて、
まった~~り しました。
20170304nyuudou (17)

下山13:40
下山は井戸谷コースです!

井戸谷へ分岐13:45
井戸谷への分岐から、延々この雪の斜面を下ります。
雪がたっぷり。
時々、ズルズル滑りながら。たまに膝までズボっと雪に埋もれて。
ひとり大騒ぎして歩き、面白かったーー!
いつもと違う筋肉を使っているのがわかります。
筋トレは嫌いです。が、これなら続けられる、楽しい筋トレ。
20170304nyuudou (18)

どんどん下りていくと、積雪も少なくなり。
谷の水の流れを聞きながら、春を感じ。
20170304nyuudou (23)

15:10終了
またまた椿大神社の軽装の人々で賑やかな参道を、
汗臭いザックに毛糸の帽子被って歩き、
駐車場に着きました。楽しかったでございます。
先週は霧氷で冷たかったけど、
今回は暑くて汗だくになりました。車の中で着替えました。
もう春だなあ~~、
20170304nyuudou (22)

今回の入道ケ岳は、
雪がたくさんあって、お山は輝き美しくブラボー!で、感激して一人ではしゃいでました。
そして最後に、期待通りに、可愛いフクジュソウにも会えることができました。
20170304nyuudou (19)
まだまだ恥ずかしそうな子と
20170304nyuudou (20)
元気いっぱいの子も
20170304nyuudou (21)
きれいです。

スポンサーサイト



お久しぶりに気まぐれにHPを更新。そしてついでにブログも更新。
1年以上のご無沙汰ですが、それでも山歩きは適当に続けておりました。
なので、山歩きの様子を書き留めておこう。

霧氷を見に行こう!おーちゃんと二人で綿向山に登ってきました。

まずは、時刻は予定どおり午前9時前に、車で御幸橋駐車場に着きました。
しかし、もうすでに満車状態。
駐車場までの細い道の端をスコップで除雪してまで駐車している人もいました。
しかたがないので少し戻って路駐をしました、すみません。。
20170219watamukiyama (4)

テクテク道路を歩いて御幸橋駐車場に着きました。
20170219watamukiyama (7)

10:00
モタモタと準備に手間取り、お手洗いに並び、いつの間にか10時になっちゃった。
「綿向山登山道」の案内板に従い進みます。
表参道を登ります。
20170219watamukiyama (8)

橋を渡ります。人数制限3人まで、重量200㎏まで。
私たち2人で渡っても余裕~~
20170219watamukiyama (11)

雪が多い~~しかもフカフカ~~ワクワクします。
20170219watamukiyama (19)

11:00
あざみ小屋です。
昔々に登った時にみんなで休憩して、
「後ろ手バイバイ」の体操をしたっけね、二の腕の脂肪が取れるとか言って。
でもその後、一度もやったことはない。今では脂肪は成長しすぎて羽ばたくことができそう。
若い登山者さんで賑やか。私はちょっと入っていけないので通り過ぎます。
20170219watamukiyama (16)


11:23
五合目の小屋です。たくさんの人が休憩しています。
「夢咲の鐘」があり鳴らすことができます。
そのような鐘など老い先見えてる私には何の魅力もございませんが、
まだまだこれからの おーちゃんは楽しそうに鳴らしてました、良い鐘の音。
20170219watamukiyama (22)
眺めも良く、滋賀県方面、琵琶湖も見えました。
20170219watamukiyama (25)

五合目での休憩を終えて歩き始めると
すぐに霧氷が現れてきました~~やったーー!
20170219watamukiyama (28)

先に進むにつれ、どんどん美しい霧氷の世界に。
20170219watamukiyama (46)

11:48
7合目です。
「只今、霧氷の中にいます」の状態です。
この冬いちばん!の霧氷です!
おーちゃんと冬山に来るといつも霧氷バッチリ。彼女はいい子です~~
20170219watamukiyama (47)

ちょっと勾配がきつくなってきた。
今が試練の時つらいです、が霧氷がきれいだから頑張れる。
20170219watamukiyama (60)

青空も見える!
20170219watamukiyama (75)

高い!かっこいい!!
20170219watamukiyama (79)

う~~ん、美しすぎる。
感動です!
20170219watamukiyama (92)

空の青さも たまりません!
20170219watamukiyama (80)

12:30
私たちはがんばりました。
山頂に着きました。
20170219watamukiyama (105)

目の前に雨乞岳が見えて、その向こうにすぐに分かる鎌ケ岳が見えて、
入道や宮指路岳や仙ケ岳とかが見えて、
楽しいず~~と見ていたい。
20170219watamukiyama (108)

雪の上に座り込んで、とっても寒いけど
グツグツお湯を沸かして、熱々のカップヌードルは最高に美味しい!
温まります。
20170219watamukiyama (109)
それでも、じっとしていると冷えてくる。
さっきまで晴れていたのに、雲はどんどん流れてきて小雪が舞ってきて、
眺めもよかったのに、あっという間に見えなくなった。

13:15
動かなくちゃ、歩かなくちゃ、下山します。
登りと同じ道を下りました。
20170219watamukiyama (117)

15:00
御幸橋駐車場に下りてきました。もう、ほとんど車はなくなってました。
20170219watamukiyama (123)

路駐の車まで戻りました。
とても暖かい小春日和。
20170219watamukiyama (125)
楽しかったーー霧氷も眺めも最高に良かった。
これも 日ごろの行いと おーちゃんのお蔭かも。ってことにしておこう。

次の更新は、
いつか、わかりません。
気まぐれにやっていきます。